タマヤパンについて

IMG

三代にわたり受け継がれた、パンづくりの情熱。 三代にわたり受け継がれた、パンづくりの情熱。

1946年(昭和21年)、大阪・岸和田。
街の小さなパン屋としてタマヤパンは誕生しました。
それ以来、ずっと変わらないのは、
『安心でおいしい本物のパンを、
一人でも多くの方に味わっていただきたい』という想い。
だから、素材を厳選することはもちろん、
効率より手間ひまをかける製法にもこだわって、
心のこもったパンをつくりつづけています。
『毎日の食卓に、国産小麦のおいしいパンがある』
そんなささやかな幸せを、ぜひ味わってください。




日本の小麦のおいしさを、タマヤパンで感じてください。 日本の小麦のおいしさを、タマヤパンで感じてください。

「日本の小麦で、日本のパンをつくろう!」
本来はパンづくりに向かない国産小麦を取り入れたのは、
二代目が“日本の小麦のおいしさ”に出会ったからでした。
国産小麦特有の香りや味わい深さを、そのままに伝えたい。
その気持ちを胸に、失敗と議論を何度も繰り返して、
タマヤパンのおいしさができあがりました。
農家さんの顔が見える「生産者限定小麦」や
「契約栽培小麦」にこだわり、原料からしっかり管理。
日本の小麦のおいしさを最大限に引き出した、
愛情たっぷりのタマヤパンをご堪能ください。


IMG



IMG

簡単な手段は選ばない、素材一つひとつにこだわる。 簡単な手段は選ばない、素材一つひとつにこだわる。

厳しい視点で選びぬいた素材の一つひとつが、
タマヤパンだけのおいしさをつくり出しています。
例えば自家製酵母。創業者が子供の頃(大正時代)に
出会った酒種の香りを再現したり、
果実から天然由来となる独自の酵母をつくったり。
砂糖も北海道産の甜菜糖や奄美諸島産の素焚糖を使い、
クリームも丁寧に手づくり。また、あんや油脂などは、
メーカーと共同開発したタマヤパンのオリジナルです。
安心でおいしいパンを味わってほしいから、
私たちは素材にも、強く強くこだわりつづけます。




おいしさのためには、手間も時間もおしみません。 おいしさのためには、手間も時間もおしみません。

量産していますが、私たちのパンはすべて手づくりです。
農家さんが丁寧につくった日本の小麦と、
厳選した素材を組み合わせるのは、職人たちの手です。
だからタマヤパンのパンは、
いつでも納得のおいしさを実現できるのです。
一つひとつのパンをひとの手で大切に丁寧に丸めて、
その一つひとつに愛情もたっぷりと詰め込む。
畑からお客様に味わっていただくまで、
どの工程にもどの作業にも妥協することなく、
今日も手間ひまかけて、パンをつくっています。


IMG



IMG

本物のパンを届けること、それが私たちの想いです。 本物のパンを届けること、それが私たちの想いです。

添加物を使えば長持ちするし、生産の効率化も図れます。
でも、それが本当に「おいしい」と言えるのでしょうか?
タマヤパンが考える本当のおいしさ、本当のパンとは、
農家さんが丹精込めてつくった国産小麦の風味が生きた、
自然の恵みそのものの味わいが感じられること。
そのためには添加物などに頼ることなく、
一つひとつ丁寧に、手づくりをしなくてはなりません。
現代において、パンは毎日食卓に並ぶものです。
だからおいしくて健康なものををお届けすることが、
私たちタマヤパンの、変わることのない想いなのです。